エクスベンダブルズ

2010年公開のスターローン主演のアクション映画です。スタローンと言えばロッキーやランボーで知られていますが、実はこの2つ以外の映画はあまりヒット作がありません。これ以外のヒット作と言えばクリフハンガー(93年)くらいでしょうか。オーバーザトップがあるじゃないか!という声が聞こえてきそうですが、ヒットしたのは日本くらいで、本国アメリカでは大ゴケだったのです。クリフハンガー以降の低迷の理由は色々ありますが、それを決定づけたのは2001年のドリヴンでしょうか。もともとスタローンがアイルトン・セナをイメージして構想を練っていた企画らしいですが、紆余曲折あって何故かF1ではなく、CART(後のチャンプカー)の映画となってしまいました。元々F1はヨーロッパのモータースポーツなので当時アメリカで人気だったCARTに変更となるのも仕方ありませんが、100億円近い制作費を掛けたこの映画の興収は30億円ちょっとと大赤字になってしまい、これ以来映画関係者の信頼を失ってしまったという話です。この後一気に落ちぶれてしまい、ビデオ作品やスパイキッズの悪役などを演じていたスタローンですが、2006年に低予算で制作したロッキーの続編がまさかのプチヒット。2008年にはこれまたまさかのランボーの続編でプチヒット。その勢いに乗って制作されたのがエクスペンダブルズなのです。内容はともかく、かつてのアクションスターを集結させたこの映画はロッキー、ランボーに続くスタローンのヒットシリーズ作となったのでした。前置きが長くなりましたのでレビューはまた次回。

エクスベンダブルズ